滋賀県湖南市 甲賀すずき動物病院

犬、猫、ウサギ、ハムスター、モルモットの診療

手術・歯科治療に備えて

大まかな流れをご説明させていただきます。

手術・歯科治療には、緊急の場合を除き、原則予約が必要です

 お電話でもご予約は可能です。なお、術前検査や術後の健診には予約は不要です。

術前検査

 安全に手術を行うための大切は検査です。当院では、身体一般検査、血液一般検査、血液化学検査、血液凝固検査、レントゲン検査、心電図検査を実施してから、手術に臨みます。なお、感染予防のため、犬と猫では、1か月以内のノミ・ダニの予防(必須)と1年以内のワクチン(1歳未満は最低2回の接種、任意)が必要です。

手術・歯科治療に備えて

 手術当日の午前0時以降は、いつもの食事は与えないようにお願い致します。午前9時までは、当院からお渡しした流動食であれば、食べていただいても結構です。お水は、お家を出発されるまでは飲んでもらっても結構ですが、控えめでお願い致します。なお、犬猫以外の動物では、絶食絶水は不要です。

 午前11時半までにご来院ください。できるだけ早めにお預かりできるよう配慮はしておりますが、原則受付順ですのでご了承ください。同意書のご記入やご説明などでお時間が掛かることがございますので、時間に余裕を持ってご来院ください。

 入院している場合は、この限りではありません。

手術

 手術は通常、4名(術者1名、手術助手1名、麻酔1名、器具助手1名)体制で行います。人の医療でも定評のある、オリンパス社製の電気メスとジョンソン・エンド・ジョンソン社製の合成吸収糸PDSIIを使用しております。切り傷が綺麗に治るように、皮膚の縫合は医療用のホッチキスや皮内縫合で行います。

歯科治療・口腔外科手術

 手術は通常、4名(術者1名、手術助手1名、麻酔1名、器具助手1名)体制で行います。人の歯科でも定評のあるモリタ社製のデンタルユニットと、ジョンソン・エンド・ジョンソン社製の合成吸収糸MonocrylならびにPDSIIを使用しております。Monocrylは1か月ほどで溶けますので、通常抜糸は不要です。

術後

 大きな手術の場合は入院が必要です。入院期間については手術前にご説明致しますが、気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。面会は、診療時間内であれば随時可能ですが、原則受付順にお呼びいたしますのでお時間に余裕を持ってご来院ください。事前に予約が必要ですが、日曜日・祝日でもご面会は可能です。

 退院後の夜間・休診日にお困りごとがあった場合は、お気軽にご連絡ください。当院では、診療時間外の救急診療にも対応しておりますので、どうぞご安心ください。「夜間・休診日・診療時間外の救急診療について」をご参照ください。

 通常、退院日から3〜4日おきに3回ほど、再診に来ていただく必要があります。

その他、手術の手技、術後に気をつけることなど、気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

以上、手術・歯科治療の大まかな流れとなりますが、時に、例外的なこともございます。ご了承ください。

youtubeでも詳しく説明しております。是非ご覧ください。

https://youtu.be/pkZPFebET7s

映像制作・協力:株式会社メディアート 様

ページトップへ